本文へ移動

『乗換え』に関する Q&A

[ 地 図 ]

『乗換え券』終了に関する Q&A

Q なぜ、乗換え券を廃止し、交通系ICカード※(nimocaを含む全国相互利用交通系ICカード) での乗換えは継続するのでしょうか? 
A 乗換えの適正な運用とお客様の利便性維持のためです。
弊社は乗切り制度となっておりますが、一部区間につきましては乗換え制度を採用しております。従来より、「乗換え券」による乗換え制度は適正な運賃取扱いという点において課題となっておりました。しかしながら乗換え制度をすべて廃止することは著しく利便性を低下させ、また昨今交通系ICカードの普及が進み適正な乗換え取扱いが可能なことから、交通系ICカードでの乗換えを継続することとしております。
 
Q 現金で乗換えをする場合には再度運賃支払いが必要となりますか?
A 現金で精算のお客様は再度運賃を支払って頂くことになります。
引き続き交通系ICカードで乗換えた場合、2回目の運賃は無料となります。
 

交通系ICカードでの乗換えに関する Q&A

Q 乗換えする場合の制限時間はありますか?
A 乗換え有効電停で1回目の降車から2回目の乗車までが30分を超えた場合は適用されません。
電停を離れ、用事(買物・観光・食事等)を済ませた後のご利用はご遠慮ください。
 
Q 1枚のICカードで複数人の運賃を精算した場合はどうなりますか?
A 乗換えは適用されません。
1人1枚ずつICカードをお持ちいただきご利用ください。
 
Q 残額不足で不足分を現金で運賃精算した場合はどうなりますか?
A 不足分を現金で精算、また他カードで不足分を精算された場合には乗換えは適用されません。
全額1枚のカードで運賃精算しないと乗換えは適用されません。同一カードにチャージして不足分を運賃精算することで乗換えは適用されます。
 
Q ICカードに設定されているカード券種と異なる利用で運賃精算する場合はどうなりますか?
A 乗換えは適用されません。
(適用外の例)大人カードで小児運賃を精算した場合など。
 
Q 長崎市の『高齢者及び障がい者交通費助成』で紙券を利用されている人はどうなりますか?
A 令和3年度から路面電車の交通費助成制度は紙券が廃止されnimoca(ニモカ)のみのご利用となります。nimocaでご利用いただければ乗換えは適用されます。
長崎市に紙券では「降車時に差額を支払う手間がかかる」「小銭の両替が必要なので、あぶない」などのご意見ありました。そのため、令和3年度から、安全性・利便性向上のために路面電車では紙券を廃止してnimocaを利用した制度となります。
※障がい者の方は事前に窓口で登録したnimocaをご利用ください。登録しなければ半額運賃の自動精算となりません。
 
Q 介護者割引を受けて乗換える場合はどうなりますか?
A 半額運賃の取扱い及び乗換えが自動で適用されないため、降車リーダーにタッチする前に運転士にお申し出ください。
介護者の半額割引と乗換えは身体障害者手帳等をお持ちの方との同一の乗降を確認する必要があるため自動適用されません。
 
Q ICカードで「市民会館」と「新地中華街」電停を連続して乗換える場合の3回目の乗車はどうなりますか。
A 3回目の乗車は乗換えの適用はされません。

お知らせとお願い

★交通系ICカードであっても1枚のカードで複数人精算、異なる券種で運賃精算された場合は乗換えが適用されません。
 1人1枚ずつICカードをお持ちいただき、小児の方は事前に窓口で登録したICカードでご利用ください。
 
 

お問い合わせ

長崎電気軌道株式会社  電車事業部 運転課
TEL 095-845-4113  FAX 095-845-4117
E-MAIL untenka★naga-den.com ※「★」記号を「@」に置き換えて下さい。
TOPへ戻る